仮想通過で大儲け!

短期間で一億円の利益をあげられる可能性がある仮想通貨

現在、仮想通貨は商品を買ったりサービスを利用した場合の決済手段としてはあまり注目されていません。しかし、投機対象として全世界のトレーダーから脚光を浴びているといっていいでしょう。国内においては、値上がり前の仮想通貨を数年前に買ったことで、現在、一億円を超える資産を形成している人が少なくありません。では、なぜ仮想通貨を買った人はこれほどまでに利益を挙げられたのでしょうか。
その要因として、取引所の存在があります。どんなものでも買う人と売る人がやりとりできる場所がないと物に値段はつきません。仮想通貨がまだマイナーな存在だった頃は、わざわざお金を出して買う人が存在しなかったので値段もつきませんでした。
ところが取引所ができて、売買できるようになってから値段が上がり始め、それに魅力を感じた人がどんどん参入してより一層の高騰を招いたというわけです。

株取引にはない仮想通貨ならではの魅力

また、仮想通貨には株にはない大きな魅力があります。それは値幅制限がないということです。株の場合、一日の間に極端に値が上下した場合は取引が停止されます。ストップ高、ストップ安と呼ばれるのがそうです。
しかし、仮想通貨は先ほどまで1コインで1円だったものが、急に1コイン100円になっても取引が停止されることはありません。そのため、購入してから短期間で数百倍、数千倍まで価値が上がる可能性があるのです。
現在、メジャーな仮想通貨は元々の値段からだいぶ上がっていますが、マイナーなものは驚くほど安いです。そういったコインを100コイン分、あるいは1000コイン分買って、1コインが1万円、10万円と上がっていくのを夢見ている人はたくさんいます。